円筒分水工(岩手県奥州市)|「銀色の道」の記念碑ダークダックスの歌で有名な道

円筒分水工
スポンサーリンク
 

愛宕山神社アプローチ

秋田県と岩手県奥州市を結ぶR397号線沿い、胆沢ダムから下流(東)へ、車で約10分。

入口看板

円筒分水工

円筒分水工

流入は1か所、流出は2か所に水門が見えた。水流の勢いと音の迫力にに圧倒される。

外形:31.5m

流量:16㎥/s

受益面積:7,400ha

大きさでは、山口県防府市の同型のものが大きいものの、流量と受益面積では圧倒的にこちらが勝っており、総合的に農業用施設では日本一。

説明看板

昭和28年、石淵ダムの建設に伴い、昭和32年に施工され、平成7年に」改修。以前は農業用の水の争奪のため血を流す争いもあったとのこと。下流域に安定的に水補給を施すという、胆沢平野の平和と富のシンボルと言える。

また、駐車場の横に、それとは別の記念碑、「銀色の道」。

銀色の道、記念碑

ダークダックスが歌った、「銀~色の~♯♭、遙かな道~」という、あれ。

「銀色の道」歌詞版

この「銀色の道」は、R369号線の冬の雪道を歌ったものだった。

国道369号線

ダム建設の伴い、記念碑が設置された。ダム建設関係者が地元活性化に配慮されたということだろう。

胆沢まるごと案内所

 この駐車場の向かい側に「胆沢まるごと案内所」がある。いろんな情報があったのだろうが、この日は急いでいたので、残念ながら立ち寄ることができず、後日HPを見た。ここから、2km程西(秋田方面)にある、「愛宕山神社の情報(由緒書など)も得られたはず。

なので、紹介はできませんが、お立ち寄りください。

スポンサーリンク