丹生川上神社下社(奈良県)|錬金術を持つ丹生一族の本拠地

丹生川上神社本殿
スポンサーリンク
 

アクセス

奈良県五條市から吉野川を渡り、R309号線を南へ進んだところにある、日本最古の水神様をお祀りする神社。

丹生(ニフ)

という地名は最も古く、赤土・水銀を産する地域である。また、その赤土は、錬金術に欠かせない材料で、その地域を拠点としたのが、丹生氏。その辺のところは、ある真言宗の先生から、丹生氏と弘法大師のつながりやいわれを聞いたことがある。丹生氏の財力があってこそ、高野山を開くことができたのでは。

丹生神社があちこちにあるのは、丹生を求めて丹生氏一族が広範囲にその勢力を広げ、繁栄していたということだと。また、その技術で莫大な財をなしたのではないかとも。

境内

境内や社は、古い雰囲気はあるものの、朽ち果てた感は全くなく、凛とし、神々しく、清々しい。山奥にある神社の割に、社殿は大きく、立派である。

しおり

拝殿奥の本殿への階段
拝殿から奥の本殿への階段
階段

本殿

拝殿から奥の本殿へは、山の斜面を利用した、この急階段を上ってゆくが、一般参拝者は(普通は)行けない。

このような造りは非常に珍しい。本殿まで進むのにも相当緊張するだろうし、特別な空間や、気を感じるんだろう。いつか、正式参拝を是非させていただきたい。

パンフレット

祈雨祈晴

 年代不詳の頃には、雨乞いや祈晴が行われたと記述があることから、古くから、国の行事としての儀式が執り行われていたようである。

名   称 丹生川上神社下社
住   所 奈良県吉野郡下市町長谷1-1
御 祭 神 闇龗神(クラオカミノカミ)
参拝時期 2013年

スポンサーリンク