五色塚古墳(兵庫県)|神功皇后が造営した祈りの丘

no image
スポンサーリンク
 

五色塚古墳

JR垂水駅の近く、明石海峡大橋を眼前に見える高台に、前方後円墳がある。住宅地の中の狭い道路を通り抜けると石葺きの古墳が目に入り、大きく感じられる。石葺きの上部には、埴輪、壺がずらり並ぶ。

パワースポット

全長194m、幅125m、築造は4世紀から5世紀の初め。最近では、パワースポットとして人気があるらしいが、私が行った平成10年頃は地元の人さえあまり知らない程(興味が薄い)だった。

住宅街にあり丘を上るように近づいていくので、着くまで古墳が見えない。到着した時、目の前に急に現れることと、周囲が住宅地なので、それらと比較して、さほど大きくない古墳であるが、大きく感じてしまう。また、そこからの景色は、瀬戸内海を見下ろし、本当に見晴らしが良く、気持ちいい。

管理事務所があり、年配の男性職員に色々尋ねて、アカデミックな観点からのコメントをお願いした。

ここは、古墳の形をしているが、石室がなく、墓ではない。

神功皇后の新羅遠征

 神功皇后が新羅遠征から帰った時、仲哀天皇が崩御したので、そのまま大和には入らず、ここで兵を温存したまま駐留した。そこで、怪しまれないためと、兵の士気を落とさず、規律を維持するために、古墳を築造したという。

祈りの丘

 ここは祈りの丘」だった。その男性職員の方の私見。

まじめに応対していただき、ありがとうございました。いろんな情報をあつめても、「祈りの丘だった。」と断言されたのは、この方だけである。

今頃は、パワースポットとして有名になっているので、多くの人が訪れることと思う。

また、「五色塚」というからには、どこからか眺めると、五色に輝いて見えるのだろう。明石海峡を船で通る際にはそのように目えるのかな。

 名 称  五色塚古墳、千壺古墳
 住 所  兵庫県神戸市五色山4丁目
 駐車場  有、無料、管理棟横のスペース(狭い)

スポンサーリンク