八幡大神宮(大阪府高槻市)|上土室の氏神様、近くには、古代埴輪製作の古墳がある。

入口の鳥居
スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 八幡大神宮

住所   : 大阪府高槻市上土室2丁目798番地

御祭神  : 天照大御神、天児屋根命、応神天皇

創建   : 不詳

アクセス : 名神高速道路北側側道の住宅街の一角

駐車場  : なし

高槻市の同名神社

こちらの他にも高槻市には、八幡町、塚原、芝生町、上土室にも同名の神社があり、他と比べて多いと思う。しかも、普通は「八幡宮」なのに、高槻では「大神宮」となっている。ちょっと調べると、八幡宮は高槻城の守護神だったというのがあり、うなづける。

八幡宮は神託を告げる

八幡宮の総本社は725年創建の宇佐八幡宮で、その巫女は神託を告げることで有名。この神社の200程東にある、「闘鶏野(つげの)神社」も、元は八幡宮であったものが改名されており、「告げる」がキーワードになっているのは、偶然か?

土室の氏神

この地域は、土室(はむろ)といい、ハニ(粘土)のムロという、埴輪製作に携わった人が住んだ場所である。この近くにある日本最古で最大級の、池埴輪製作遺跡」があり、この地域の古墳の埴輪を製作した。

由緒説明看板
由緒説明看板

境内

鳥居
鳥居

そこから進むと、狭い境内ながら、奥に深く、石垣と階段で高低差のある土地をうまく使い、比較的新しい門や社があった。

拝殿の手前には、新旧の狛犬が左右に2体づつ安置されている。

拝殿は、古めかしい木造の社が、鋼製の建物で覆われていた。風雨から守るために結構なお金をかけられている。

スポンサーリンク