八重垣神社(島根県)|素戔嗚命や天照大神たちが千百年前の壁画に!

八重垣神社しおり
スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称  : 八重垣神社

住   所 : 島根県松江市佐草町227番地

御 祭 神 : 素戔嗚尊、稲田姫命

創   建 : 太古

出雲国縁結びの大親神

天津神の素戔嗚尊と、地つ神(くにつかみ)の稲田姫命が正式に結婚された初めての大神で、出雲の縁結びの大神、大祖神である。(と書いてある)

 

「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい。」の一節

佐草の郷、佐久佐女の森(奥の院)の大杉を中心に八重垣を造って姫を隠した。

「八雲立つ 八雲八重垣 妻籠に 八重垣つくる その八重垣を」

日本最初の和歌と言われる。

壁画

 1,100年前に描かれた、素戔嗚尊、稲田姫命、天照大神、市杵嶋姫命、脚摩乳命、手摩乳命の6神像。6人が仲良く描かれており、天照大神も素戔嗚尊の妻であったとする説もある。

壁画の板はカンナのない時代に槍で板を削り、白土(火山灰で作られたもの)を塗り、その上に絵を描くという技法が用いられており、1,100年たった今でも、完全ではないものの、その姿を見ることができる。

拝観料

中学生以上¥200

鏡の池

池に占い用紙(1枚百円)に硬貨(十円または百円)をのせ、沈む速さとその位置によって、円が早いか、遠方の人と縁があるか、近い人と縁があるかなど、恋愛に限らずいろいろな縁や願い事を占う。

スポンサーリンク