出雲大社相模分詞(神奈川県秦野市)|関東の出雲さん、広大な敷地でほっこり癒される

出雲大社相模分詞
スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称  : 出雲大社相模分詞

住  所  : 神奈川県秦野市平沢1221

創  建  : 1888年

御 祭 神 : 大国主命

駐 車 場 : 無料駐車場

由緒

当地累代の神職であった草山貞胤(さだたね)が、1823年に出雲国造に請願し、出雲大社の御分霊をこの地に鎮祭された。

鳥居

第2駐車場から参道入り口に入りそのまま進むと、大きな鳥居へと続く。

鳥居
鳥居

茅の輪くぐり

七五三の時期で、茅の輪が設けられていた。左側の看板に作法の説明書き

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり
茅の輪くぐり作法
茅の輪くぐり作法

説明書きの通りに、和歌を1首づつ読みながら、左・右・左とくぐる。

本殿

本殿
本殿前の茅の輪

鳥居を過ぎた広場から本殿を眺めていると、心から落ち着いた感じになり、ほっこりとする。

龍蛇神の杜

境内西側に「千年の杜」が作られている。杜の中の湧き水から小川が整備され、メダカ・ドジョウ・ホタルが生息している。その先に、大国主神の御使神である「龍蛇神」の社がある。

湧き水からの小川

鳥居のオブジェ

鳥居のオブジェ

草山貞胤翁

1823年社家の嫡男として生まれ、郷土発展のための教育受け育つ。「煙草の祖」として、県内外各地を巡回、たばこの耕作方法を指導し、全国の煙草栽培の技術革新に貢献した。

お祭りその他

ほおずき市・朝顔市

菊花展

秦野元気祭り・よさこいソーラン祭り(春の陣・夏の陣)

 

スポンサーリンク