向家ダム(シャンジャバー)、渓落度ダム(シュルドゥー)(中国)|2007年、長江上流(金沙江)に建設中のダムを見学

向家ダム看板
スポンサーリンク
 

概要

2007年10月に、長江上流金沙江に建設中の2つのダムを見学した。

有名な三峡ダムは長江河口の上海から直線で約660kmの位置にあるが、そこからさらに直線で約1,000km上流に重力ダムとアーチダムが建設中であった。実際に見たが、それでも目を疑うほどの規模の大きさに圧倒された。

向家ダム 渓落度ダム
ダム形式 重力 アーチ
堤高(m) 162 278
堤頂長(m) 909 698
提体積(㎥) 1、221万 558万

ダム諸元

宮ケ瀬ダム 黒部ダム
堤高(m) 重力 200万
提体積(㎥) アーチ 158万

日本の主なダムの諸元

 提体積で比較すると、アーチダムでは、渓落度ダムが黒部ダムの約3倍、重力では、向家ダムが宮ケ瀬ダムの約6倍以上となる。

ダムの位置図向家ダム、渓落度ダム、三峡ダム他の位置図

長江

長江は総延長6,300kmで世界第3位、河床平均勾配0.08%しかも、金沙江と岷江が合流する地点から下流では0.004%と日本では想像できないくらい緩やかである。

金沙江

総延長1,637km、落差4,420m、平均河床勾配0.2%で、成都市(チェンドゥー)からバスで約8時間の移動だったが、その間、深い渓谷に見える地層の模様が全く変化しない。どこまで行っても水平な砂岩の地層に100m以上の谷が浸食された景観である。

向家ダム(シャンジャバー)

水富市(スイフー)に建設。半川締切りで、左岸締切り内の河床掘削とケーソン沈埋工、法面工が施工中。

半川締切り

左岸締切り内掘削状況

工事状況全景

左岸施工状況全景

向家ダムの技術的特徴

右岸の地下発電所は、地下空洞体積が約百万立方m世界最大の規模、停滞コンクリート骨材を60km離れた場所から採取し、ベルコン輸送して谷地を利用してストックしていた。(映画の特撮でも見ているかのように大規模だった。)

地下空洞掘削中

一様な砂岩の岩盤であり、空間としても安定している。

骨材ストックヤード
MINOLTA DIGITAL CAMERA

骨材ストックヤード全景

 圧倒されそうなほど、巨大な施設だった。

渓落度ダム(シュルドゥー)

向家ダムの規模に圧倒された後、さらに上流の渓落度ダムを見学。ここはまたさらに驚くのは、提体積がアーチで558万㎥というその規模大きさ。

渓落度ダム掘削中

提体基礎掘削がほぼ終了しており、これから仮締切り・河床掘削に移ろうとしている段階。左岸・右岸両方に地下発電所を計画。

渓落度ダム工事中

おわりに

2020年7月現在は、日本も中国も活発な梅雨前線活動が続き、大雨による被害が甚大である。武漢市が長江の氾濫により浸水した様子などが報道されている。三峡ダムの他、向家ダムや渓落度ダムの発電用ダムやその他にも建設されたダムがその目的を越えて治水に運用され、被害が小さく収まることをお祈り致します。

スポンサーリンク