塩釜神社(宮城県)|境外末社の御釜神社と合わせて参拝を!

塩釜神社しおり
スポンサーリンク
 

一森山

 塩竃神社のある一森山からは、遠くは牡鹿半島・金華山、近くは松島の島々を望むことができる。かの松尾芭蕉も訪れた。

 東山道(とうさんどう)より多賀城国府へ入る途中の交通の要所であった。塩竃神社と志波彦神社と合わせて、広大な土地に荘厳な社殿は当時、都からやってきた人々をも驚かせたと思う。また、土地の人たちにも朝廷の絶大な力を示すには、十分だったことだろう。

由緒

 創建の年代は不詳。武甕槌神と経津主神が陸奥国を平定した時に、両神の道案内をした鹽土老翁神(しおつちおじのかみ)そのまま土地にとどまり、塩造りを広めた。

となると、「鹽土老翁神は境外末社の御釜神社の祭神であり、地主神である。」「そのまま土地にとどまり」とあるので、矛盾すると思うが。

820年に書かれた正式文書の「弘仁式」に塩竃神社の記述があることから、創建は、奈良時代以前。

多賀城国府の北東に位置し、鬼門の守護として建てられ、蝦夷地平定の精神的支えとした。また、朝廷の威光を示す意味があったのだろうか。

御祭神

 門をくぐって正面、右宮と左宮があり、南向きに建てられている。右宮には武甕槌神、左宮には経津主神。主祭神は、門をくぐって右に鹽土老翁神が西向きに建てられている。

御釜神社

 御釜神社(宮城県)、日本三奇の一つ神釜を拝礼、旧ゑびすや旅館 塩竃神社の境外末社で、日本三奇の一つに挙げられる、「神釜」が奉安されている。製塩に使用する四口の鉄釜で、海水が枯れることもあふれることもなく、日本に異変がある時には、水の色が変わると言い伝えられている。

表参道

 車で駐車場に入ったら楽に歩けるが、表参道から最短で本殿へ向かう時は、何百段かの階段に挑むことになるので、ご注意を。

名  称 塩竃神社、志波彦神社
住  所 宮城県塩竃市一森山1番一号
御祭神 別宮 鹽土老翁神(しおつちおじのかみ)

右宮 武甕槌神(たけみかづちのかみ

左宮 経津主神(ふつぬしのかみ)

創  建 不詳(奈良時代以前)
スポンサーリンク