多田神社(兵庫県)|清和源氏発祥の地、厳粛な雰囲気!

しおり
スポンサーリンク
 

清和源氏の発祥の地

 平安時代は、多田院というお寺で、室町に入り将軍足利尊氏清和源氏であったことから、崇敬を受け栄えた。

江戸時代には、源氏であった徳川家によって、本殿や拝殿などが再建され、神社として色合いが濃くなった。明治時代に入り、神仏分離令により、神社となった。

スッキリ綺麗なたたずまいをしており、厳粛な雰囲気を感じる。

拝殿

拝殿に進み参拝すると、ずっしりと重く感じる何かを感じる。拝殿から奥には、別の次元の世界がそこにあるかのような雰囲気があった。(ちょっと怖い感じ)歴史の深さをしみじみ感じたり、勝手に想像させられてしまう。

 名   称  多田神社
 住   所  兵庫県川西市多田院多田所町1番1号
 御 祭 神  源満仲、頼光、頼信、頼義、義家(五公)
 参拝の時期  平成8年10月

スポンサーリンク