大神神社(奈良県)|三輪山が御神体の日本最古の神社

パンフ
スポンサーリンク
 

最古の神社

古来、三輪山全体をご神体として信仰されてきた。そのため、本殿を設けず、奥にある三ツ鳥居を通してお山を拝するという、上代の信仰の形をそのまま今に伝えている、最古の神社と言われている。

三輪山

標高467m、周囲16kmで、神奈備山、三諸山などと呼ばれ、この三輪の地は古く大和の文化発祥の地で、政治・経済・文化の中心地でもあった。三輪山麓を東西に流れる初瀬川の水路の終点に、日本最古の市場である海石榴市(つばいち)があり、南北には日本最古の産業道路である山の辺の道が開かれていた。

パンフレット 三輪山

しおり

御祭神

大物主大神(おおものぬしのおおかみ)

大己貴神(おおなむちのかみ)

少彦名神(すくなひこなのかみ)

神代の昔、大己貴神(大国主神)が自らの幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)(和魂)を三輪山に鎮められ、大物主(倭大物主櫛𤭖玉命)(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)の名前でお祀りされたのが始まり。

神語

大国主命が伝えられた言葉とされている。

幸みたま 奇みたま 守り給ひ 幸はえ給へ

 

大物主とはニギハヤヒ?

大物主とは、饒速日命(天照国照彦火明櫛玉饒速日命)であるとする説もある。確かに、櫛𤭖玉と櫛玉は似ているし、自分の魂(光)が海から出てきて、「自分自身を山に鎮めよ」と言ったというのは、腑に落ちない。饒速日命が大和朝廷成立以前に、大王として君臨していたことを、うやむやにする策だったかもしれない。

三ツ鳥居

拝殿の奥にあり、この先は禁足地とされてきた。この鳥居は、「三輪鳥居」とも呼ばれ、大神神社の特色の一つであり古来、「一社の神秘なり」とされている。成立過程は不詳。

 

パンフレット

狭井神社

大己貴神の荒魂をお祀りしている。力強い御神威から、病気平癒の神とされる。三輪山登拝は、ここでの受付が必要。

久延彦神社(くえひこじんじゃ)

「古事記」に、世の中の事をことごとく知っている知恵の神と記されている。受験合格・学業向上・入試合格のご祈祷や「願掛絵馬」がある。

檜原神社(元伊勢・倭笠縫邑)

(やまとかさぬいのむら)檜原の地は、第十代崇神天皇の御代、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)が、天照大御神を初めてお祀りされた倭笠縫邑である。

初めてお祀りされた天照大御神とは、伊勢の神?それが何故三輪なのか?ちなみに、饒速日命が、太陽神であったとされる説もあるが、古来、絶大な信仰を集めた三諸山の天照国照彦火明櫛玉饒速日命から、御名と、太陽神としての神格を奪い取ったのかもしれない。

檜原神社パンフ

 

三輪山麓を大神神社から、狭井神社、檜原神社へと歩いて感じる雰囲気は、神聖さ、スケールの大きさや重々しさ、暖かさに加えて、何か陰気なマイナス的なものも同時に感じる。大和朝廷に敗れた人たちの思いか?

なでうさぎ

なでると体の痛みを取ってくれると信じられている。正月の間は、祈祷殿前に置かれている。

神武東征

饒速日命が河内を納めていた時、神武東征の際、抵抗せずあっさりと渡したとされる。

「えみしをひたり ももなひと ひとはいへども たむかいもせず」

現代語訳:蝦夷を100人力で強いと人は言うけれど、何の抵抗せず負けてしまった。

という歌があるが、神武東征の際に蝦夷が屈した様子を詠んだもの。

饒速日の命

饒速日は早々に神武に恭順したが、ナガスネヒコは従わず、殺されたことになってはいる。しかし実は東北へ逃れ、東北の阿部氏になったとの言い伝えもある。宮城県の塩竃神社には、ナガスネヒコが塩造りを広めたという話が残っている

饒速日が神武に従った話にしても、抵抗勢力の勢いをそぐために話を作ったとしてもおかしくない。最後まで抵抗し討ち果てたとは言わないようにしたのかも。

スポンサーリンク