太田天神山古墳(群馬県)|東日本最大の前方後円墳、別称:男体山古墳

太田天神山古墳 全景
スポンサーリンク
 

太田天神山古墳、男体山古墳

東武伊勢崎線太田駅の東約1km、民家や農地がある平地にある。

駐車場

市の駐車場看板

市の駐車場

無料駐車場に車を置いて、歩いて向かう。

駐車場からの順路

この路地を左に曲がってしばらく住宅の中を進む。

住宅地を通り過ぎる

住宅地の奥に見えるのが、目的地。

外堀

ここから先が古墳のエリヤとなる。手前の草が刈りこんであるところは、古墳外周の「掘り」にあたる。

蜂に注意

蜂に注意の張り紙が。

後円部

入口の鳥居

登り口に鳥居

登り口にあたるところに、鳥居がある。

その左には、説明書き看板。

古墳の案内看板

ここから、階段を上る。

階段途中に柱の基礎のようなもの

途中に、柱を立てた基礎石がある。

基礎石

天神社

そのすぐ上に、祠。

祠

そこから少し進むと、後円部の頂となる。

後円部の頂部

最上部に、根を張った高木。

頂部の高木

頂上から振り返ると

頂部からの眺め

外に出て、外周の掘りを見る。

古墳外周

幅30m程の掘りを約3m掘削すれば、

30*3*600=54,000㎥

の土量となる。前方後円墳の盛土量に匹敵しそう。

前方部

前方部付近

古墳規模

東日本最大、全国規模では28位。

前方後円墳

長さ    :210m

全軸長さ  :364m

高さ    :16.5m

後円部側の幅:288m

築造年代

5世紀前~中期

その他情報

今回は確認できなかったが、葺石が露出している箇所がある。どんな石か、川原の丸石だとは思うが、見てみたかった。

訪問時期

2020年5月(コロナが収まりつつある頃)

スポンサーリンク