恵那神社(岐阜県中津川市)|天照大神のへその緒と渋沢栄一が奉納した額

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 恵那神社

住  所 : 岐阜県中津川市中津川字正ケ根3786

御 祭 神: 伊弉諾命、伊弉冉命

創   建: 不詳

駐 車 場: 一の鳥居の近くに何台か止められる?

由緒

創建は不詳。伝説によると、イザナギとイザナミが上坂峠を越えて美濃に入る時、天照を出産した。その時のへその緒(胞衣:エナ)を清めて、恵那山頂に埋めた。その言い伝えが次の地名に残っている。「血洗の池」「血洗神社」安らかな気・安気が「阿木村」がその例。

 へその緒ではなく、「胎盤」

神社にある由緒書きには、「へその緒」ではなく、「胎盤」と明記されていた。根も葉もなくこんなことは書けないよね。?

 前宮本宮

元は、山頂が「本宮」で、麓が「前宮」であったが、1620年に、山頂が「奥宮本宮」、麓が「前宮本宮」と「本宮」に変更された。

古事記とは違う日本書記

天照大御神は古事記では、三貴子の内の1神で、イザナギが禊をしたときに生まれたとされている。しかし日本書紀では、イザナギ・イザナミから天照大神が生まれたとされている。

猿田彦神

摂社に祭られているこの神は、天孫降臨の際、ニニギノミコトの道案内をした神とされている。また、「天地を照らす神」として、天照大神以前に伊勢で太陽神として信仰されていたとされる。

由緒書き看板

由緒書き

鳥居

入口の鳥居
2の鳥居

夫婦杉

石段を上り詰めたところの社殿前に、左右一対に杉の老大木がそびえ立つ。樹齢千年(600~800年とも)の岐阜県天然記念物に指定された杉の木が迎えてくれる。

夫婦杉から見下ろされている
夫杉の雄姿
夫婦杉説明看板

社殿・本殿

夫婦杉のしめ縄をくぐり抜け、社殿へ。

拝殿

渋沢栄一が奉納した額

本殿

本殿

狛犬

社殿手前の狛犬

狛犬

揺拝所

本殿右側の揺拝所

鳥居と句碑

摂社

本殿下の階段左側にある祠

摂社

恵那文楽

例祭日には、岐阜県無形民俗文化財に指定された「恵那文楽」が奉納される。

アクセス

中央自動車道中津川ICから車で約15分。結構山奥へ入り、道幅が細くなり心細くなる。百名山の恵那山登山道入り口に当たるので、人は多く訪れるみたい。

おわりに

「天照大神の胎盤が納められている」との説明を見て、神話と現実が交錯するような思いが巡り、不思議な気分になりながら参拝した。

 

スポンサーリンク