橋野鉄鋼山(岩手県)|明治時代の産業革命の跡、世界遺産登録

橋野鉄鉱山入口看板
スポンサーリンク
 

世界遺産

 明治日本の産業革命遺産(8エリヤ、23施設の一つ)

 釜石市内から車で30分程の山間にあり、鉄鉱石の採掘から運搬、精錬の行程を知ることができる。

入口

入口から右に進むと、一番高炉跡、二番高炉跡がある。

一番炉、2番炉跡地

ここから更に奥は、鉄鉱石採掘場とその運搬路へと続く。

一番高炉跡

三番高炉跡

 

3番高炉説明看板

 橋野鉄鉱山は、近代製鉄の父と言われた大島高任(岩倉使節団の一員として海外の技術を学んだ)が、洋式高炉を建設し、鉄の連続生産に成功した。当時は、水戸藩による那珂湊反射炉で大砲が製造されており、橋野の高炉で製造した製鉄を反射炉での大砲製造に使用した。

3番高炉跡石碑

インフォメーションセンター

 全国の8エリヤ23資産合わせて世界遺産に登録されているが、その8エリヤの説明が展示されている。

 名  称 橋野鉄鉱山
住  所 岩手県釜石市橋野町2-6
訪問時期 平成30年

スポンサーリンク