止止呂支比売命神社(大阪市住吉区)|住吉大社の奥宮、境内の小川のせせらぎが古を忍ばせる

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 止止呂支比売命神社

住  所 : 大阪府大阪市住吉区沢之町1-10-4

御祭神  : 素戔嗚尊、稲田姫尊

創  建 : 不詳

駐車場  : 境内に20台以上は停められそう

由緒

創建は不明だが、河口の大塊を竹内宿禰が祈りにょり、雷鳴が轟き、岩を割ったとかの話もあった。

後鳥羽上皇、承久の乱

後鳥羽天皇が譲位し上皇になって、熊野詣を頻繁にされ、住吉の豪族の津守一族や熊野の三山検校(けんぎょう)の長巌の味方を得て挙兵し、執権北条氏と対決した「承久の乱」を起こした。1221年」に、この神社内に行宮を造営されており、「若松宮」とも言われるようになった。

(また、長巌はその後、陸奥へ流されたという。東北にも熊野神社が多いが、その様な因縁もあるか。)

境内に轟池があり、そこに「トドロキ」という橋が架かっていたことに因むとの説も。

鳥居

鳥居

手水舎はセンサー感知式

近づくと、センサーが感知して水が出てくる。

手水舎

ここから本殿へ進むと、その手前右手に、水の音がする場所がある。由来の水のトドロキを再現しているのか?参拝した時は、それとは気づかず...

本殿

拝殿はオープンでスッキリとしている。

拝殿

拝殿上の額には、「若松社」とある。

拝殿鈴の前にかかった看板
拝殿
本殿とご神木

揺拝所

ここから何処を揺拝した跡なのか、わからない。

江戸時代ごろまでは、この辺は松原が広がっており、海辺であったとする記述を見た。この方向で拝むのは日の出かな?(海からは上がらないけどね)

揺拝所

黒長社

大阪市内では、楠木に青龍が住むという信仰が多いそうで、蛇の石造がア祭りされている。

黒長社
龍蛇の石造

黒長大神

蛇の石造
楠木の大木

駐車できる広い境内

東側の道路から車で入ると、境内は広く、20台かそれ以上は裕に停められそう。神事やお祭りでは多くの人が集まるのでしょう。

20台以上は停められそうな境内

 

 

 

 

スポンサーリンク