水泥古墳(奈良県)|一般住宅の庭から石室へ入れる古墳

水泥北古墳
スポンサーリンク
 

水泥古墳

水泥北古墳と水泥南古墳を合わせて、水泥古墳と言う。2013年3月に、この辺に用事があったので、足をのばしてみた。

古墳入口石室入口

水泥北古墳

石室入口。一般個人の住宅の庭に繋がっており、奥のこんもりとした盛土の中が石室になっている。

母屋に隣接して、埋葬品などが展示され、家の方が詳しく説明してくださった。その節はありがとうございました。

円墳

径25m、高さ5m、古墳時代後半6世紀後半から7世紀前半の築造。石室は花崗岩で、全長13.4m、玄室の長さ5.6m、幅2.9m、高さ2.9m中々の大規模である。以前より、蘇我蝦夷・入鹿の墓との見方もあったが、築造年代がややこちらの方が早いことから、違う事がわかっている。

水泥南古墳

 水泥北古墳から100m程南へ離れた場所にある。石室内に2基の家形石棺があり、玄室内のものは、二上山の凝灰岩で、その手前は、兵庫県の竜山石の凝灰岩である。

巨勢山古墳群

 この北側の丘陵地には巨勢山古墳群があり、6世紀頃からその姿をほとんどそのまま残している地域である。

スポンサーリンク