水無瀬神社(大阪府)|コロナ禍の猛暑の中でも【風鈴】を撮りに沢山の人が訪れる

鳥居と石柱
スポンサーリンク
 

参道

鳥居手前左側に立っていた、鳥居をくぐり、すぐ左にある石柱

 

水無瀬離宮

もとは、後鳥羽上皇が造営された水無瀬離宮のあったところ。承久の乱で鎌倉幕府執権の北条氏に敗れ、上皇は隠岐へ、順徳天皇は佐渡へ遷御されそのまま崩御された。その御菩提を弔ったのが水無瀬御影堂であり、水無瀬神宮となった。大阪府唯一の「神宮」。

石川五右衛門の手形

入口の門のところに、石川五右衛門の手形があると書いてあるが、古くて確認できなかった

門をくぐる。

インスタ映えの手水舎

手水舎

手水舎

コロナの影響で、柄杓が置いてない。

柄杓使用中止離宮の名水

離宮の名水

何本ものボトルを持った人が入れ代わり立ち代わり、地下水を汲みに来られている。パンフレットには、「環境省より認定された大阪府唯一の名水」と書いてあるし、有名のようだ。

境内の風鈴

招福の広場 「招福の広場」とあり、風車や風鈴が飾られ、ライトアップされていたようだ。(その期間は終わっていた)しかし、その風鈴などを撮影する人の多いこと。男女半々ぐらいかナ。

黄色の風車 ピンクの風車 風鈴 風鈴

御本殿

御本殿 ご紋は、一六条菊花紋。天皇をお祀りしているからで、納得。

都忘れの菊

御本殿の近くの1坪ほどの一角に、「都忘れの菊」の札があり、後鳥羽上皇と順徳天皇をお慕いする跡が残されている。

都忘れの菊上皇と天皇の和歌

後鳥羽上皇御歌 パンフレット

略記 略記2

社  名 水無瀬神宮
御 祭 神 後鳥羽天皇

土御門天皇

順徳天皇

創  建 1230年頃、水無瀬御影堂、明治6年に神社に制定
住  所 大阪府三島郡本町広瀬三丁目10-24
駐 車 場 約10台、無料(結構広い)
スポンサーリンク