熊野大社(山形県)|縁結びの聖地で三羽の兎を探しに来て!

熊野大社拝殿
スポンサーリンク
 

参道

真冬の午後から参拝した。入口の樹齢500年の大銀杏の出迎えを受け、さらに進んで階段の下に立って見上げると、石段がすべて除雪されていたのに驚いた。

この年は雪深く、当日も周辺では、50cm以上は積もっていたので、石まですっかり出すとなると、毎日続けてきれいに除雪されているに違いない。上まで登ると、お一人の方が除雪をされていた。(朝から午後までかかったのか..。お一人で毎日か。)

失礼ながら、こんな田舎で、そんなに人が来られるわけでもないだろうに、ここまで手間をかけられているのか!と、びっくりした。

階段をほぼ上り詰めると、和楽のようなメロディー(正月に神社で流れている琴の音)が聞こえる。正月でもない、2月にもなっているというのに、、、。

大イチョウ 大イチョウ看板

階段を登りきると、左手に釣り鐘が目に入る。「神社に鐘?」

釣り鐘は、もともとこの下にあったお寺がなくなった時に、この神社で引き取られたとのことこと。和楽の音楽は、一日中そして年中流していること。

重要文化財の拝殿は、古めかしく重厚。中からの照明が温かみを感じる。境内に進み、授与所(お守りとか売っているところ)の巫女さんに、釣鐘やBGMのことなどいろいろ尋ねたら、非常に丁寧に教えてくれた。

日本三熊野

日本三熊野のひとつ。東北の伊勢とも言われているとのこと。そして、「三羽のうさぎ」伝説があり縁結びの聖地でもある。
古くて重厚な雰囲気を醸しながら、縁結びパワースポットを目当てに、日本中からカップルが集まるような、仕組み作りも上手い。とてもすごい神社だった。

実は、参拝の翌日も午後から時間に余裕ができたので、再度参拝した。

東北の伊勢

今度は、男性の神職の方に「東北の伊勢」について質問してみた。伊勢にしかない神楽がなぜ、ここにあるのか?である。それは、先々代の宮司さんが伊勢神宮に熱心にお願いしたところ、伝授が許されたが、その後、一切不出とされたので、伊勢以外にここにしかないということだった。

縁結び、三羽の兎

次は、三羽のウサギ探し。

本殿左奥から裏へ三羽の兎探し

拝殿の奥を回り、稲荷社の鳥居をくぐり、右へ曲がると、本殿の裏側に着く。そこの屋根をのせた構えの中で、様々な彫刻が施されている中に、ウサギが三羽隠れており、見つけると願い事が叶うというもの

この日、どこかの取材撮りをしていたり、若い人や、老夫婦や、年配の女性のグループが思い々に探し、見つけていたが、私には、二羽しかわからなかったが、十分楽しかった。(授与所で「三羽の兎に出逢う手引」がもらえる)

お守り

交通安全のお守りをいただきました。500円

2重に包まれており、もったいないので、ありがたく、そのままカバンの入れている。

神社名称 熊野大社
主祭神  熊野大神
配祀神  熊野夫須美大神(伊弉冉尊)

熊野速玉大神(伊弉諾尊)

熊野家津御子神(素戔嗚尊)

 創 建  806年再建
 住 所  山形県南陽市宮内3476-1
 参拝歴  2018年2月

周辺情報 石の大鳥居を通り抜け、神社に向かうと、手前左手に小学校がある。その先右手が駐車場。お間違えなきように。

スポンサーリンク