皇大神宮(大阪府茨木市)|茨木市車作の山間中腹南向き斜面にあり急階段がきついが、きれいに管理されている

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 皇大神宮

住  所 : 大阪府茨木市車作619-1

御祭神  : 天照大御神

創  建 : 不詳

駐車場  : なし

由緒

わかりません。

鳥居

鳥居の先、石段を上る

本殿

石段を上る途中で、右へ進むと、法林寺へ。

更に進むと、本殿へ。

更に石段を上り、本殿へ

本殿前は、玉石が敷詰められ、きれい。

更に石段を上り、本殿へ

扉格子の合間から覗かせてもらいました

狛犬、阿像
本殿周りの様子

本殿から隣のお寺につながっている

前庭

お祭りの時に利用されるのか。普段は車は進入できないように立て看板があった。

写真奥に石碑。

車は進入できない

石碑

水路築造の偉業を称える碑

力石と巨木

淡路島の鳥飼八幡宮でも、大小の力石があったけど、どちらもその云われはわからない。

大中小と、3個ある。

勢いよくそびえ立つ

車造地区風景

南向き斜面に集落が集まっている。

まとめ

車作地区の南向きの山の斜面に、集落とともにたたずむ。急な階段を上って参拝させていただいた。階段や本殿周りなどどこも、きれいに管理されている。

「車作」の地名は、白鳳時代(天智天皇)に御所車を献上した時に、この地名を賜ったという情報がある。この地が古くから栄えていたことが伺える。

この下流の高槻では、古墳時代の埴輪製造工房跡があり、倭の時代に多くの人がいたことがわかっている。古墳時代がの後、その周辺に人が移り住んだのかもしれない。

 

スポンサーリンク