西宮神社(兵庫県)|宮司さんが説く、商売の鍵とは?

西宮神社拝殿
スポンサーリンク
 

はじめに

仕事の関係で、毎年2回は祈願をしていただいてた。その中で、ある年(平成13年ごろだったか)の宮司さんの挨拶にとても感動した。

しおり

商売下手な神社

 正月には、毎年のように境内所狭しと店が並び、賑やかである。これだけの店が出て、人が多くの吉兆や笹を買っていくのだから、神社の売り上げも相当なものだと思っていたら、店で売っているものは、神社では扱ってないとのこと。それは、同じものを神社が売れば、当然神社のものが売れるに決まっている。売れなければ、店が減り賑わいがなくなってしまう。そのおかげで、この賑やかな状態がずっと続いているのだとのこと。共存共栄の考え。

ライトアップされた社殿

継続こそ宝

 企業においても、その目的を、「利益」か「継続」かで、意見が分かれるところであるが、やはり、西宮神社の宮司さんが言われた通り、長く繁栄するには、視線を先に伸ばして、目先の利益を追いすぎないことが、本当に大切だということを勉強させていただいた。

その年は、新年早々、感動した。

広田神社の摂社

 この近くの広田神社に行くと、その由緒には、現在の西宮神社あたりまでが、広田神社の神域であり、西宮神社は、摂社であったとしている。

宮水

 西宮神社付近一帯から湧き出る地下水のこと。江戸時代後期から酒造りに適していると知られている。「灘の生一本」など、有名。

名   称 西宮神社 えびす宮総本社
住   所 兵庫県西宮市社家町1-17
御 祭 神 主祭神 えびす大神

第二殿 天照大御神

大国主大神

第三殿 須佐男命

創   建 不明

スポンサーリンク