越木岩神社(兵庫県)|ご神体の岩を大阪城石垣に切出そうとした時!

no image
スポンサーリンク
 

概要

西宮市内から甲山へ向かう途中にある小さな社。古代信仰の磐座、高さ10m、周囲40mの「霊岩」とも呼ばれる、花崗岩の転石のような大塊がご神体である。

岩の形が酒を造る時の甑ににていることから、「甑岩」と呼ばれたという。祭神が「蛭子大神」ということで、ひょとすると西宮神社の奥宮的な存在だったのか?または、後から、くっ付けたのか?

西宮市内を一望できるポイントもあり、今では、パワースポットとして有名らしい。私が参拝した平成10年頃は、マイナーな場所で、古い雰囲気が漂い、全体的に、どっちかというと陰気な感じがあった。

ハイソな雰囲気の夙川の上手に位置しており、甑岩の当たりが夙川の源流だったとも言われている。

大阪城築城

 豊臣秀吉の命により、大阪城の石垣造営のため、各地から石が切り出された頃、ここでは、池田備中守長幸が石垣として切り出そうとした。石に刻んだ家紋が今でも残っている。

岩にクサビを入れると、その割れ目から白い煙が吹き上がると同時に鶏鳴があたりに響き、煙に巻かれた石職人はそのまま亡くなったという。クサビを等間隔で打ち込んだ跡が今でも確認できる。

ご神体に楔を打つとは、大胆なことをしたものだが、時の人である秀吉の命であれば、逆らえるはずもない。各地に、似たような石(各地に天の岩戸など)があるが、石垣のために切出そうとされた話は、さすがに聞かない。

 名 称  越木岩神社(甑岩神社)
 住 所  兵庫県西宮市甑岩町5-4
 祭 神  恵比寿大神
 創 建  不詳

スポンサーリンク