都江堰(ドゥージャンイェン)(中国)|2千2百年前の利水施設で、諸葛孔明も視察したという。四川地震の直前に訪問。

都江堰名盤
スポンサーリンク
 

概要

今から約2,200年前の紀元前3世紀頃に流量調整のために築造された施設遺構(現在も機能している)。長江(Yangtze River)は、上海、武漢、三峡、重慶をさかのぼり、河口から直線距離で約1,600kmの地点に位置する一平市(Ybin)で左支流の岷江と本流の金紗江に分かれ、都江堰は、岷江扇状地の最上流部に設けられている。

岩山を人力で掘削したり、河床を掘削して流域断面を確保し、流量調整を行う。李冰(リヒョウ)親子2代8年を費やし完成させた。

入口

都江堰入口入口から中に入ると、遠めに河川の様子が一望できる。

都江堰全景

四川盆地を流れる岷江は、軍事水でもあり完全に堰き止めてのダム建設はできなかったので、川を本流と支流い分け水量を調節する計画とした。

桟橋

都江堰 渡桟橋

たくさんの人が訪れて、数珠つなぎになって川を渡る。費用に良く揺れて、怖いやら、気分が悪いやら。

竹組の蛇篭

竹組み籠

岷江の河床を掘り下げて河床を低くし、その掘削土砂を中央部に盛土し人口の中州を築造した。その周りを蛇篭で保護。

竹を番線に変えれば、現在も日本で使用されている蛇篭とほぼ同じであり、中国の技術が日本に持ち込まれたことがわかる。

都江堰、山の岩を掘削

都江堰河床掘削

岩山を掘削し、流路断面を確保し、流れを変えている。当時火薬を使わずに岩を掘削するには、岩を火で温めた後水で冷やし、その温度差で岩に亀裂を入れて少しづつ掘削したという。

普段は、河床を深くした左の岷江(内江)に流れるようにし、流域の水がもたらされるようにし、水量が増えると右の外江へも流れるようにした。

更に水位が増すと、外江から再度内江へもどる仕組みになっている。

二王廟

二王廟

都江堰を出て左に何やら重厚な(ちょっと暗い)建物が。これは、都江堰を築造した親子をお祀りした寺院。

最後に

この2,200年前の利水施設の恩恵を受け、成都平原は豊かな農業地帯として発展した。

一方で、成都市(チェンドゥー)からバスで上流を目指し、8時間ほどバス移動した際に見えた風景では、森・林・木という木が全く見えなかった。畑作も見当たらず、ただのぼた山が続くだけ。2,000年も作物を取り続けると土地がやせてしまうのか?わからない。

四川大地震

この翌年5月12日に四川大地震が発生し、都江堰を大打撃を受けている。

スポンサーリンク