銀閣寺(京都府)|東山慈照寺の名称は足利義政の戒名に由来

銀閣寺パンフ
スポンサーリンク
 

正式名称

 東山慈照寺(足利義政の戒名に由来)

銀閣寺

歴史

平安時代中期、智証大師:円珍が創建。宝仁年間に天台宗座主第25世明救が再建した。しかし、応仁の乱で消滅。

1473年、室町幕府の8代将軍足利義政が足利東山山荘を建て、東山文化の発祥となった。

1486年、東求堂(とうぐうどう)、池に面した書斎が建てられた。

1489年、銀閣建立。銀閣とは東山殿に建てられた観音堂のこと。月見のため、月の出の方向に合わせて設計された。

1490年、東山殿 臨済宗相国寺派総本山:禅寺慈照院に改めた。足利義満が建てた北山の金閣と対比され、江戸時代に慈照寺全体を銀閣寺とよばれるようになった。

銀箔

銀閣と呼ばれた観音堂に、実際には銀箔は使われていない。外壁全体に塗られていた黒漆が、銀色に輝いて見えた。2018年爆笑問題のテレビ番組で夜の銀閣を放映していた。月明かりに照らされ、そのほんのり明るい光が銀色の風情があった。

京の三閣

銀閣寺、金閣寺、西本願寺飛雲閣

鳳凰

 屋根の鳳凰は18世紀後半からで、それ以前は宝珠がのっていた。

庭園

 錦鏡池(きんきょうち)を中心とする池泉回遊式庭園

紅葉

 11月中旬~下旬が見ごろで、展望所からの眺めがおすすめ

パンフレット 雪の銀閣寺

銀閣寺周辺情報

 参道には、沢山のお店が並んでいるので、見学と散策や休憩をセットで楽しめる。抹茶ソフト・お団子・八つ橋・おそばなど..。

八神社

 御所の北西角に当たり、陰陽道の方位神である、将軍が祀られている。それが、明治時代の神仏分離令により、素戔嗚尊と改められ、今もそのまま。

名   称 東山慈照寺
住   所 京都府左京区銀閣寺町2
創   建 1473年(室町時代)
参拝時期 2010年
スポンサーリンク