高砂神社(兵庫県)|「相生の松」の謡曲「高砂」の発祥地!

パンフ
スポンサーリンク
 

「高砂」発祥の地

 能の「相生(あいおい)の松」で知られる、世阿弥の謡曲「高砂」発祥の地。

由緒

 神功皇后が外征し、大己貴命の神助を得て敵を平らげ帰国の途中、鹿子水門(かごのみなと)に停泊し、国家鎮護のため、この地に大己貴命を祀った。970年の頃、疫病が流行った時に、素戔嗚命と奇稲田姫命をお祀りしたところ、疫病がたちまちにおさまったという。

パンフレット

相生の霊松

 境内の相生の松は、雌雄一帯の珍しい形をしている。その昔、「尉と姥」に姿を変えたイザナギとイザナミの二神が現れ、「われは今よ神霊をこの木に宿し、世に夫婦の道を示さん。」と、夫婦のあり方を説いた。これから、相生の霊松と呼ばれる。また、高砂神社は、庶民の結婚式の発祥とも言われ、現在の松は、五代目。

名     称 高砂神社
住     所 兵庫県高砂市高砂町東宮町190
御  祭  神 主神 大巳貴命

配神 素戔嗚命

奇稲田姫命

創     建 約1700年前

スポンサーリンク