高祖皇大神宮(富山県)|竹内文献に登場する超古代史の舞台

no image
スポンサーリンク
 

「竹内文献」

「竹内文献」は、富山県富山市の御皇城山(おみじんやま)(現在の呉羽山)にある、高祖皇大神宮(こうしこうたいじんぐう)に伝わった、古文書「竹内文書」と機器類「御神宝」の総称である。(一般には偽書とされている)

 神武天皇以前に、ウガヤフキアエズ朝72代、更に前には上古代と神代があったとし(とんでもない遙か遠い年代までさかのぼる)、世界の政治の中心地であったとしている。

ヒヒイロカネ

 その金属は、金より軽量でプラチナより硬くて錆びない。炎の金属とも言われ、伝説のアトランティスにもあったという。その謎の金属「オリハルコン」は、現在では真鍮のこととする説もある。

モーゼの墓

また、能登半島にある宝達山の三ツ子塚をモーゼの墓であるとしている。モーゼが、シナイ山に籠もった時、実は日本にやってきて、天皇からアドバイスをもらったのが「十戒」であるとする。船に乗って海流に乗れば、片道1週間で来れると。

位山

 岐阜県飛騨の水無神社の近くにある位山は、昔から天皇に献上する一位の木があり、即位されるときには、一位の木で作成した笏を献上する習わしで、それは現在でも続いているという。

そして、富山県の御皇城山を中心とする、飛騨・乗鞍にかけた一帯に、高天原があった。

酒井勝軍のピラミッド説

 昭和の初めころ日本にピラミッドがあったと提唱し、全国各地のそれらしい三角形の山をそれとした。その一つが、富山県の尖山。下の写真は同じく秋田県の黒又山(通称クロマンタ山)。

秋田県クロマンタ山

黒又山:大湯ストーンサークルの近く

黒又山(秋田県)

スポンサーリンク