瀧神社(愛媛県四国中央市)|宇摩地方最大の古墳丘陵にある

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 瀧神社

住  所 : 愛媛県四国中央市上柏町1051

御 祭 神: 素戔嗚尊、稲田姫尊、大巳貴尊、他三女五男神

創  建 : 不詳

駐 車 場: 石段下に数台停められるがロープで閉鎖

石段左の坂を上り、境内には駐車可

由緒

年代不詳だが、室町時代に細川氏の命により建立。

鳥居と男厄の石段

入口の鳥居をくぐり石段を上った踊り場に「石段記」があり、更に階段を進む。

階段下にある、石段記

次の階段には、「男厄」とあった。

男厄の階段

次に、「女厄」あると思ったら、予想は外れた。

神社境内に入り、その先に拝殿が見える。
狛犬

社殿

社殿手前にテントが設営されている。また、この右手にはテントを張った受付もあり、今日は何かのイベントがあったのかと思い、神職の方に伺ったら、「コロナ対策でこのような形をとっている。」とのことで、驚いた。
率直なところ、「こんな小さな神社で、ここまでするか?」という感じ。

社殿
社殿

本殿

本殿

熊野神社

瀧神社社殿の右に隣接する熊野神社

熊野神社由来

滝の宮古墳

全長約200mの前方後円墳の上に瀧神社がある。出土品としては、鉄器片や土師器・須恵器片など。

御大典記念碑

御大典記念碑由来
石碑

その他情報

祓所

十二支の彫物

万全なコロナ対策

社殿前にはテントが設営してあり、何か特別なイベントでもあったのか、宮司さんにお尋ねすると、受付やご祈祷は蜜を避けるための対策とのこと。

まとめ

ネット情報では、この神社は祈祷やお祓いが多く、参拝者も多いようだ。

スポンサーリンク