日向大神宮(京都府)|天の岩戸くぐり・伊勢神宮揺拝所や、内宮・外宮もある京のお伊勢さん。

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 日向大神宮

住  所 : 京都市山科区日ノ岡一切経谷町29

御祭神  :

内宮(ないく)(上ノ本宮(かみのほんぐう))

天照大御神、多紀理毘売命、市付島比売命、多岐都比売命

外宮(げく)(下ノ本宮(しものほんぐう))

天津彦火瓊瓊々尊、天之御中主神

創  建 : 第23代顕宋天皇の御代、5世紀末頃(古墳時代)

アクセス :

地下鉄東西線蹴上駅1番出口から左へ100m位一の鳥居そこから約15分

車では、東山ドライブウェイ入口すぐを左へ

由緒

第23代顕宋天皇の御代(5世紀末、古墳時代の頃)に筑紫日向の高千穂の峯の神蹟(しんせき)を移して創建。

天智天皇は圭田を寄進され、鎮座の山を「日山」と名付けられた。

朝日泉

平安時代貞観の時、疫病が流行し時の清和天皇が夢のお告げにより、水で疫病が治まった。今も正月三が日に内宮前に水瓶が置かれ、「朝日泉」が参拝者にふるまわれる。

鳥居

一の鳥居:東西線蹴上駅からすぐの入り口

一の鳥居

階段と坂道を上って行く。

琵琶湖疎水インクラインのオーバーブリッジ

神社境内入口の由緒書き

説明書き
説明書き
境内への階段

外宮

境内へ

外宮拝殿

お伊勢らしい雰囲気がある。

外宮(げく)

内宮

内宮

背後には、大ヒノキ。

確かに、白木で神々しい日の神の雰囲気がある。御祭神は、宗像三女神。

内宮、拝殿と本殿

影向岩(ようごいわ)

神様が降臨する岩(意外とこんまりとした岩)

ようご岩

天の岩戸(戸隠神社)

内宮の左側へ進むと、天の岩戸へ。ここを抜けると、穢れを払うことができると、人気スポットになっている。

天の岩戸

中へ入ると、数メートルでコーナー部へ

コーナー部に戸隠神社があり、「かわらけ」が納められていた。

戸隠神社

下にある「福土神社」にも多くの「かわらけ」(素焼きの皿)があった。こちらでは、絵馬ではなく「かわらけ」に願い事を書いて、その願い事にあった神社にそれを納めるのが習わしとのこと。(帰ってから知った。)

コーナーを左に曲がると出口。

戸隠神社から見る出口

「天の岩戸」の全体像。岩盤を人力で掘削された。

揺拝所

神社入口を右方向の山へ入り、急坂を上ること約15分。平らに開けて大きな鳥居が目に入る。

急坂の石段
揺拝所周辺

 この方向に伊勢神宮があり、参拝できると多くの人が訪れた。

ちなみにこの反対阿方向は、京都市内を見下ろすことができ、平安神宮の赤い鳥居が見える。

平安神宮の赤鳥居

駐車場周辺に群生する椿

京の七口

京の七口の一つ、三条口(粟田口)から近く、江戸時代には東海道の旅の安全を祈願する人で賑わったとされる。

十七神社

京の十七神社の一社であり、日向大神宮、天地天皇陵、平安神宮、丹波元伊勢、丹後元伊勢が一直線上に並ぶという、パワースポット。

スポンサーリンク