川之江八幡神社(愛媛県)|狛犬・灯篭・石橋など石造物が多い。

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 川之江八幡宮

住  所 : 愛媛県四国中央市川之江町2567

御 祭 神: 足仲彦天皇(たらしなかつひこのみこと)

品陀和氣命(ほんだわけのみこと)

息長足姫命(おきながたるひめのみこと)

創  建 : 598年

駐車場  : ?

由緒

598年に宇佐八幡宮より切山(金生町)に御分霊を勧請したことによる。山田郷の総鎮守。

1064年、国司の源頼義の命により、八ヵ所に八幡宮を建立した内の1社。畠山の頂上に社殿を造営し、翌年1065年に遷宮。

由緒書

鳥居

鳥居の向こうは、さんぐう橋

別の入り口の鳥居は、規模・古さで、全国第2位を誇る。

さんぐう橋

鳥居の向こうに見えているのが、「さんぐう橋」。2百万年前に、竹屋清兵衛他の村人が奉納した。

さんぐう橋
由緒を説明した石碑

外の別の角度からのさんぐう橋

外から見るさんぐう橋

楠木

八又にわかれた枝には、苔がむしている。

クスノキ

社殿

拝殿

社殿右に弓矢の的が置いてあった。矢が刺さった後と思われる小さな穴が沢山。

大きな的

狛犬

力強さ・迫力を感じる。

入口毎に門や鳥居があり、それぞれ狛犬も1対安置されている。

結構、狛犬が多い。

力石

社殿手前左に、力石。

力石

 

 

スポンサーリンク