神御前神社(奈良県)|大神神社の摂社、御祭神:倭迹々日百襲姫命は卑弥呼!

スポンサーリンク
 

神社概要

  • 神社名称 : 神御前神社(かみのごぜんじんじゃ)
  • 住  所 : 奈良県桜井市茅原558
  • 御 祭 神: 倭迹々日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)
  • 創  建 : 不詳
  • アクセス : 大神神社から北西へ徒歩約10分

由緒

  • ご祭神の倭迹々日百襲姫命は、7代孝霊天皇の皇女、大物主大神のご神託を受ける巫女として、崇神天皇の政を助けた。
  • 後に、大物主大神の神妻となられ、箸墓古墳に埋葬された。
  • 茅原は、崇神天皇が百官を率いて八百万の神を祀った「神浅茅原」とされる。

お社

  • お社を参拝する背後には綺麗な三角形の三輪山が見えている。

 

スポンサーリンク

神奈備御諸山

  • 神社付近から見た三輪山の全容

当時は奈良湖畔

  • 奈良盆地は、7世紀ごろまで海だった。山辺の道はその沿岸に設けられていた。
  • その場所に立つと、現在の盆地平野部には大きな古墳が見当たらないが、そういうこと。

 

 

スポンサーリンク