石上布都魂神社(岡山県)|備前国一之宮、奥宮の磐座は噂以上のパワー、素戔嗚尊が八岐大蛇を切った十握剣はここから石上神宮へ移された

スポンサーリンク
 

神社概要

  • 神社名称 : 石上布都魂神社(いそのかみふつたまじんじゃ)
  • 住  所 : 岡山県赤磐市石上風呂谷1448
  • 御 祭 神: 素戔嗚尊
  • 創  建 : 不詳
  • 駐 車 場: 第一~第四駐車場

御由緒

  • 素戔嗚尊が八岐大蛇を斬った時に使った十握剣を祀ったのが創始。
  • 十握剣は後に天理の石上神宮へ移された。
  • 明治時代に、祭神が素戔嗚尊に変更された。
  • 奥の宮には、山頂の岩が露出した磐座があり、禁足地として結界が張られている。

鳥居から境内まで

  • ここから2~3分で、神社入口に一番近い第一駐車場

  • 市内から一時間以上かかる山奥にも拘らず、近年に整備された様子。
  • 信者・参拝者が多いことが伺える。

拝殿から本宮(奥宮)へ

  • 拝殿には、「蛇の麁正」(おろちにあらまさ)

スポンサーリンク

本殿

  • 拝殿左奥へ進むとそこから、本宮へ険しい上り坂
  • 途中、山の峯を見渡すポイントがある。
  • 急な階段と、途中から地山が向きだしの険しい道を進むので、ほっと一息

本宮(奥宮)へもう少し

本宮(奥宮)

  • お社は小さいが、もの凄いパワー
  • 本宮の右手が「磐座」で、結界が張られ禁足地となっている。

十握剣

  • 明治時代に御祭神が素戔嗚尊に変更されるまでは、十握剣が御祭神
  • 「握」とは長さの単位で拳の幅(約8~10cm)、つまり「十握剣」とは、約1mの長尺の剣。
  • またの名は、「布都御魂」で、布都斯(ふつし)=素戔嗚尊の父の形見。

おわりに

  • 腹の底から力を振り絞って、誓いを述べ、お力添えをお願いした。
  • 私事で恐縮ですが、とても感動的な参拝ができて、本当に感謝!
スポンサーリンク