吉備津彦神社(岡山県)|温羅を討ち吉備を平定した桃太郎のモデル

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 吉備津彦神社、(別名:朝日の宮)

住  所 : 岡山県岡山市北区一宮1043

御 祭 神: 吉備津彦大神

創  建 : 不詳

駐 車 場: 数10台

由緒

崇神天皇10年、四道将軍の一人、比古伊佐勢理比古命が山陽道に派遣され、渡来の温羅(うら)一族を討ち平定した。その際、温羅より吉備津彦大神を名を献上され、これが桃太郎伝説となった。

温羅一属は、百済から渡来し製鉄技術をもたらした集団で、温羅はその皇子であった。百濟ゆかりの王家であり、天皇にも成りえた血筋である。税金を取り立てる朝廷に抵抗した末に制圧されたのかもしれない。
神社内の説明看板には、「地元の多くの兵が温羅に味方した。」と書いてあった。民衆には支持を得ていたのかもしれない。討伐され、悪者にされた話は東北の「虎捕山津見神社」にもあった。

朝日の宮

夏至の日の出の方向に参道と社殿の向きを合わせてあり、「朝日の宮」と呼ばれている。
この近くに、黒住教の本部があった。黒住宗忠はここにも通いつつ、太陽神を感得するに至ったのだろうか?

御祭神は卑弥呼の弟

吉備津彦大神の姉は、大倭迹々日稚屋比売命で、古代邪馬台国の女王の「卑弥呼」とも言われている。

鳥居

鳥居

迫力の狛犬

狛犬

参道

鳥居を抜けた門につながる参道

鳥居を抜けたところ
参道脇の池

随神門

大灯篭

拝殿

拝殿から本殿を見る

この雰囲気は確かに、太陽神をお祀りする神社を感じさせる。

拝殿

本殿

堂々たる風格

本殿

渡殿

拝殿と本殿の間にある「渡殿(わたりでん)」

渡殿

摂社など

子安神社

天満宮

ご神体

「吉備の中山」と呼ばれている、竜王山・茶臼山がご神体。磐座や巨石があり、かなり古くから信仰の対象とされていたようだ。

駐車場

大きな駐車場。3月でも鯉のぼりが飾られている。

駐車場に鯉のぼり

おわりに

吉備津彦大神の鬼退治伝説は3世紀頃とされている。しかし、製鉄技術がこの地で発展したのは5世紀から7世紀頃とも言われており、年代が相当にずれている。
間違いか、別の人か?

スポンサーリンク