吉備津神社(岡山県岡山市)|三備一宮、鬼退治伝説の温羅(うら)は渡来の皇子

スポンサーリンク
 

神社概要

神社名称 : 吉備津神社

住  所 : 岡山県岡山市北区吉備津931

御 祭 神: 吉備津彦命

創  建 : 不詳

駐 車 場: 100台以上は停められそう。(無料)

由緒

創建は不詳だが、一説には、5代目子孫の加夜臣奈留美命が創建した。または、仁徳天皇が御幸された際、業績を称えて創建したとも言われている。
847年には、従4位下の神階を賜った。

宇羅伝説

異国から渡来の温羅一族が乱暴を働き民衆が困り、朝廷に助けを求めて、四道将軍の一人、彦五十狭芹彦が派遣され、大軍を以って制圧。温羅を捕らえた折、「吉備冠者」の名前を献上され吉備津彦と名乗った。

矢置岩

中山を挟んで、命と温羅が対決した。命が放った矢と、温羅が投げた石が空中で衝突して落ちた所と言われている。

矢置岩

鳥居

北側駐車場の近く、矢置岩のすぐ横の鳥居。

北鳥居

北随神門

階段を上ると、北随神門。

 そこから更に石段を進み、拝殿へ。

拝殿・本殿

国宝にしていされる、全国唯一の「吉備津造」。

拝殿から奥を覗く

奥の方に本殿が見え、御幣が並んでいるが、御幣が2色の神社は初めてみたので、神職の方に尋ねてみた。繊維を意識した色で、それ以上特別な理由はない。

御幣の色がユニーク
大きな額

国宝の本殿

国宝、本殿

いちょう神木

気の肌の色が変色するくらいの老木。

ご神木

一童社

 学問に謂れがありそうなお社で、おみくじを結ぶ跡で、「合格」の文字を表している。中々のアイデアですな。

一童社

廻廊

本殿右奥の南隋神門から本宮社まで360mの回廊。

桜が満開で、コロナでなければもっと多くの人が来てることだろう。

廻廊

御釜殿・鳴釜神事

温羅の首がさらされたが、唸り声を出し続け、とうとう竈の下に埋められた。それでも13年間止まらない。ある日、吉備津彦命の夢に温羅が現れ、温羅の妻の阿曽媛に神饌を炊かせるように告げた。その通りに神事を執り行ったところ唸り声は止んだとのこと。

また、阿曽村には神事に使う釜を作る役目(特権)を与えられたということで、妻(一族)の存続を安堵されたということだろうか。

御釜殿

御釜殿に復活のパワーあり

鳴釜神事(なるかましんじ)が執り行われるお社。ここの土竈の下に、温羅の首が埋められているという。
私は、温羅伝説からは、「朝廷に従わなかった地方の英雄」と思える。温羅に従った多くの兵があったことが記されたり、吉備津彦神社には、「温羅神社」がお祀りされていたり、今現在でもなお、「鳴釜神事」として言い伝えられているという事実からして、悪事を働いた鬼が征伐された話とは思えない。
吉備津彦命に「吉備冠者」という名前を献上していることから、自分の地位と権力と土地全てを差し出し、平安を取り戻した大功労者だったのだと思う。

神事は15時までということで、扉が閉じられていたので、「感謝」を述べ、お祈りした。

不思議とこのこと以来、ここ数年の胸のもやもやしたものが、スッキリと亡くなった。ありがとうございます。御釜殿は、「復活のパワー」があった

宇賀神社

宇賀神社

おわりに

今回はたまたま参拝させていただけて、本当に幸いでした。感謝!

機会があれば何度でも参拝したい神社に出会えました。

 

スポンサーリンク