新池埴輪製作遺跡(大阪府高槻市)|日本最古で最大の埴輪製作工房が当時100年間続いていた!

焼き窯
スポンサーリンク
 

遺跡概要 

遺跡名称  : 史跡 今城塚古墳附 新池埴輪製作遺跡

住  所  : 大阪府高槻市上土室1丁目

敷地面積  :約3万㎡

作られた時期: 450年頃(今から1,500年前)

展示物  :斜面を利用した窯群、窯をそのまま展示、埴輪(本物)レプリカ

アクセス

太田茶臼山古墳の北方向、名神高速道路をくぐり、「上土室」市営バス停からすぐ。南西約300mに「八幡大神宮」がある。そこの看板に、「土室とは、ハニ(粘土)のムロのことで、埴輪を作る人たちが住んだ場所」と説明されていた。

ハニワ工場

埴輪工場館

埴輪工場館内部

焼き窯
ハニワ工場館の内部

今城塚古墳の埴輪を製作した、新池遺跡最大級の18号窯を当時のまま建物で覆い、展示してある。入場無料。

館内には、当時の埴輪の本物が3基ガラスケースの中に展示されていた。

本物の埴輪

歴史年表

三島地方の出来事

日本・朝鮮半島・中国の出来事

この年表は分かり易い。

埴輪工房の復元

とにかく、広いのが特徴
構造や建て方の工夫など

窯の復元

1号釜、2号釜

写真でみるよりも急斜面を利用して作られており、今も実際に使われている丹波の立杭焼きの登釜によく似ていると思う。それの原形のようで、驚いた。

その他の窯

3号窯の発掘調査中を復元
斜面を利用した窯跡

ツツジの植栽のように見えているのが窯跡。煙突状の窯の中を熱が上に伝わり、効率良く沢山の焼き物を焼くことができるということかな。

ハニワ工場公園

窯の復元、工房建物など大規模な敷地全体をそのまま公園となっており、ゆっくり散策できる。

全体図

工場公園にハニワがならべてある

 

 

 

 

スポンサーリンク